ボーダーコリーのしつけ・成長日記『モニカ BLOG』

念願のボーダーコリーを飼い始めました。しつけを頑張りたい新米飼い主のブログです。

注意しておきたい犬のワクチンと副作用(アナフィラキシーショック、アレルギー反応)について

昨日我が家のモニカが2回目のワクチン(8種混合)を受けてきました。帰ってきてから2度ほどフードを戻してしまい、心配になり動物病院に電話したところアレルギー反応の可能性があるとのことで様子をずっとみていたりと大変でした。

アナフィラキシーショック

これは蜂などに刺されても起きるのでご存知の方も多いと思います。犬のワクチンでも起きる可能性があるそうです。ワクチンを接種してから数分で症状が出るそうです。数分でしたらまだ病院にいる間かと思いますので、ワクチンを接種してからは注意して様子を見てあげておいてください。

 

ワクチンによるアレルギー反応の症状について

  • 顔の腫れ(瞼の上や唇など)
  • 歯茎が白い(指で押して約1秒で白からピンク色へ戻れば正常、1秒以上かかるようなら少し心配)
  • 呼吸が早い
  • 蕁麻疹
  • 痒そうにしている
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 食欲不振
  • 元気がなくぐったりしている
  • 発熱
  • 痙攣

 

症状が見受けられたら(上記以外でも普段と違うことがあれば)すぐに動物病院に相談されることをおすすめします。私の場合は嘔吐以外はモニカが元気そうにしていたので、ワクチン接種から約10時間ほど様子を見ました。(具合が悪そうにしていないか、最初の2〜3時間は1時間に1回程度歯茎の色を押して確認していました。)

 

モニカの場合は1回目6種、2回目8種のワクチンを受けました。1回目と2回目は同じワクチンが良いと聞いていたので、動物病院の先生に確認したところ特に関係ないとのことでした。むしろボーダーコリーならたくさん外に出て遊ぶので8種にした方が良いとのこと。

 

子犬のワクチンについて

子犬には母犬からもらった免疫が働いていますが、その免疫が切れるタイミングでワクチンを行うと免疫が出来るそうです。つまり母犬の免疫が機能しているうちは、ワクチンを打っても排除されてしまうため免疫がつきません。動物病院の先生いわく母犬からの免疫がちょうど切れるタイミングの3回目のワクチンが1番重要なんだとか。

 

元気に育ってほしいからこそ、飼い主側がしっかり行っていきたい部分ですね!

 

インジェクター 1・2.5・5ml 3個セット (TM-20)

 

          スポンサーリンク