ボーダーコリーのしつけ・成長日記『モニカ BLOG』

念願のボーダーコリーを飼い始めました。しつけを頑張りたい新米飼い主のブログです。

フィラリア予防時期と予防薬の価格、血液検査について

ちょっと遅いかもですが、蚊が出てくる季節になりましたね!

フィラリアについてまとめていこうと思います。

 

フィラリア予防時期

蚊取り線香 入れ 蚊とりブタ プーちゃん ホルダー ケース スタンド カバー

蚊が発生してから一か月後~蚊がいなくなって一か月後までです。

具体的には5月~12月とされています。

(調べてみて分かったけど、うちのモニカは4月から飲んでる… (゚A゚;)

 

フィラリアの薬を飲ませる前に血液検査を!

インジェクター 1・2.5・5ml 3個セット (TM-20)

フィラリア予防薬」と言われていますが、実はこの薬は「駆虫薬」なのだそうです。血液検査が必要な理由は、フィラリアに感染している犬に薬を飲ませて虫を殺すと、大きな成虫が血管に詰まったりショックを起こすことがあります。「去年きちんと予防薬を飲ませていたから大丈夫!」と自己判断せずに、検査してもらうことをおすすめします。

今年モニカが検査をしてもらった時には、さほど時間もかからずにその場で結果が出るものでした。

 

予防薬の価格

【アストロプロダクツ】AP シリコンポーチミニ グリーン

体重により薬の量も変わってきます。モニカ(当時12キロ)の場合は、ノミ・ダニのお薬と一緒になっているもので、2万7千円くらいだった気がします。

 

相場としては1シーズン分で1万5千円~3万円というところでしょうか

 

結構高価ですよね。しかも月に1回とうっかり忘れやすいスケジュールなので、「毎月1日に飲ませる」など覚えやすい日に飲ませてください。と先生に言われました。

 

ボーダーコリーとイベルメクチン

遊んで!ステッカー L ボーダーコリー BW

フィラリアの薬にはイベルメクチンが使われているものがあります。コリー系でイベルメクチンを使用すると、副作用が出る可能性があるそうです。

病院で「ボーダーコリーなので、イベルメクチンが使われていないものにして下さい。」と伝えましたが、「フィラリアの薬に含まれるイベルメクチンはごく少量なので、副作用の心配はない」と言われました。そうは言われてもやっぱり心配だったので、イベルメクチンが使われていないお薬にして頂きました。

 

逆に、ニキビダニの治療などでイベルメクチンを使う場合には、量が多いので注意が必要なのだそうです。この場合は、少しずつ経過を見ながら投薬するそうです。

 

これから蚊がどんどん出てくる季節ですが、予防していきましょうー!

 

↓   我が家の箱入り娘です

f:id:monica-geller:20160521174924j:plain

 

ネットで決済&診察予約!
フィラリア予防薬やワクチン注射をリーズナブルに!

本間アニマルメディカルサプライ
動物病院へ行こう!サービス

          スポンサーリンク