ボーダーコリーのしつけ・成長日記『モニカ BLOG』

念願のボーダーコリーを飼い始めました。しつけを頑張りたい新米飼い主のブログです。

フィラリアの薬を飲ませ忘れてしまったらどうすれば良いのか

昨日の夜、蚊がいて目が覚めました。

それで思い出しました。モニカのフィラリアの薬を飲ませ忘れていたことを!!

毎月1日にあげていたのに今日は8日…飲ませ忘れて1週間も過ぎてしまいました。反省。

 

パプス! ヌイグルミ 柴犬

 

今すぐ薬を飲ませて大丈夫なのか心配になったので、薬を飲ませる前にいろいろ調べてみました。

フィラリアの予防薬を飲ませ忘れてしまったら…

どれくらいの期間忘れても大丈夫なのか?

動物病院のHP…5日程度なら大丈夫

ネットで見た情報…1週間程度なら大丈夫 

 

1ヶ月以上予防薬を飲ませ忘れてしまったらつ再開したら良いの?

病院に指示を仰ぎましょう

 

飲ませ忘れに気付いたら検査をした方が良いの?

フィラリアの検査は感染して6ヶ月後からしか反応しません。飲ませ忘れに気付いてすぐに検査をしても意味がないので、翌シーズンの投薬前に検査をする必要があります。

 

飲ませ忘れに気付いたらすぐに予防薬を飲ませてもいいの?

フィラリアの薬は予防薬ではなく駆虫薬です

→成虫やミクロフィラリアが体内にたくさんいる状態で投薬した場合、一度に大量のミクロフィラリアが駆除されることでショック症状を起こしたり、心臓にいた成虫が血管に詰まったりして死に至ることがあります。

長期間飲ませるのを忘れてしまった場合には病院に相談しましょう。

 

フィラリア症とフィラリア予防薬について

フィラリア症とは、蚊を介して犬に寄生する寄生虫フィラリア 別名:犬糸状虫)が引き起こす病気のことです。そうめんのような糸状の犬フィラリアが犬の心臓や肺動脈に寄生することで、様々な障害を引き起こします。

 

フィラリア感染のしくみ

フィラリアに感染した犬の血を蚊が吸う

フィラリアに感染した蚊が感染していない犬の血を吸う

感染

 

予防薬はどの段階のフィラリアに効果があるのか? 

血管内へ入ってしまうと予防薬が効かないため、その前のL4の段階で薬で駆除します。

 

フィラリアの発育段階

L1…ミクロフィラリア 感染した犬の血液→蚊

L2…第2期幼虫      蚊の体内

L3…感染幼虫     蚊の体内→犬の体内

L4…体内移行幼虫   体内 ※予防薬で駆除

L5…未成熟虫〜成虫へ 体内→血管内→肺動脈・心臓

 ※参照元 http://n-d-f.com/filaria/

  

どうして毎月飲ませないといけないのか?

L4(予防薬で駆除できる状態)からL5(予防薬が効かない状態)へ移行するのに70日前後かかります。このため毎月の投薬で確実にフィラリア症を予防することができます。ただし1度でも投薬を忘れてしまうと感染の可能性が出てくるため、毎月欠かさずに投薬することが重要です。

 

 

予防薬を飲ませ忘れないために…

 

予防薬を飲ませ忘れないために、カレンダーにシールを貼っていたのですが今回はカレンダーをめくることも忘れていて不十分なようでした。調べてみたら以下のようなサービスで投薬日をリマインドしてくれるようなので、利用してみたいと思います。

 

アプリ


投薬日お知らせメールサービス

https://n-d-f.com/reminder/

 

調べてみるととっても怖いフィラリア症。せっかく予防薬で確実に予防できるというのに、忘れてしまって感染したらと思うと…

今回は一週間ということで、少し心配ではありますが感染の可能性は少なさそうです。年末にかけてバタバタしそうなので、もう忘れないようにメールサービスにでも登録しようと思います。

 

          スポンサーリンク